薬局経営の秘密

初心者のための調剤薬局情報サイト

このサイトでは、薬局の売却を考えている方のための役立つ情報を紹介しています。
メリットやデメリット、成功するためのポイントや必要な期間や相場などを含めて、実際にどのような流れで行われるのかについて詳しく知ることができます。
初めてでなんの知識も持っていなくて不安だという方でも、何が必要で、どんな準備を行えばよいのかが簡単に理解できるようになっています。
自分の悩みや疑問をこのサイトで払拭してみましょう。

薬局の売却について

薬局の売却について 薬局の売却を考える際に、本当に買い手がいるんだろうかという疑問を抱く人も少なくありません。
現在、経営者の高齢化にともない、後継者がいない場合や管理が大変になるといった理由で、薬局を売りに出そうと考えている人は増えてきています。
すでに一定の業績をあげてきておりこれから育てる必要のない薬局というのは、買い手側にとっては大きなメリットとなる取引です。
そのため、M&Aなどが活発な今こそが、売るには格好のチャンスなのです。
どのような値段で売れるのかや必要期間は、市場の動向によっても左右されます。
しかし、最短で3ヶ月ほどで取引を成立させられる場合もあります。
自分の持つ薬局のメリットを効果的にアピールすることができれば、よい買い手が現れることでしょう。

調剤薬局の売却の動きが顕在化してきています

調剤薬局の売却の動きが顕在化してきています 医師が出した処方箋に基づいて、薬剤師が医療用医薬品を調剤する場に調剤薬局があります。
度重なる調剤報酬の改定やネットでの薬剤販売の普及などによって、その経営環境は日に日に厳しさを増しているのが現実です。
とりわけ地方の小規模調剤薬局が売却に動いている事例が増えてくると見られております。
M&Aに向けての動きが活発化しているのは明確になっているのです。
今後は業界の再編が加速する見通しが濃厚です。
そもそも医薬分業の政策に従って成長を遂げてきた経緯がありますが、現状では医薬分業率が7割にまで進展し、市場は飽和状態になってきているのは周知の事実と言っていいでしょう。
また、患者が飲んでいる薬の情報を一括で管理するかかりつけ薬局制度が導入されたこともあって、いま曲がり角に直面している段階にあります。
大手各社はかかりつけ薬局への業態転換を積極的に推進する傾向が顕著になってきました。
現在、調剤薬局やドラッグストアにおいては薬剤師不足の問題が深刻化している事実があります。
薬剤師の国家試験の合格率がかつての80%から60%に低下してきているのも、暗雲を投げかけてきております。
人材確保を確実に行っていくのが、今後の安定経営にはゆるがせにできない課題の一つとなります。

M&A関連情報

薬局 売却